Home New Help Edit

ANIPOV Data Writer Ver004


2009-12-07 Suns & Moon Laboratory


書き込みデータの用意


画像

ANIPOV Designerでデータを作成して、エクスポートします。
エクスポートした形式は、CSV形式になります。

表示回数

ANIPOVは、それぞれの画像に対して表示回数を設定可能です。
ファイルの拡張子が、".dup"のファイルで指定します。
内容は、1行に付き1画像の表示回数を設定します。
たとえば画像が4枚の時、1枚目を1回、2枚目を1回、3枚目を4回、4枚目を10回表示したい場合は、下記の様に記述します。
1 1 4 10
ファイル形式は、テキストファイル(SJIS)です。UTFとかで保存しないようにして下さい。

データの書き込み


起動時に下記メッセージが出る場合があります。
その場合は、ポート指定をして下さい。


起動時にエラーが出た場合は、1でポートを指定し、2のOpenを押して下さい。
エラーが出ない場合は、Openは押さなくても良いです。(起動時オープン済み)


ANIPVにS1を押して電源を押して電源を入れる

1.Fileボタンを押して、ファイルを指定
2.Writeを押して、書き込み
3.は文字通りCancelです。キャンセルしたいとき以外は押さないように


ANIPVにS1を押して電源を押して電源を切る※切ったかどうかわかりませんが、とりあえずS1押して下さい。

傾きの修正

画像の傾きを直したい場合は、データで直しても良いですし、set SLを利用して傾きを修正しても良いです。

ANIPVにS1を押して電源を押して電源を入れる

1.OFF+GetVERを押して、表示を停止
2.傾きを0〜254で指定。1周が0から255なので、90度かたむけるには64とする。
3.set SLを押す。


ANIPVにS1を押して電源を押して電源を切る※切ったかどうかわかりませんが、とりあえずS1押して下さい。

通信がうまくいかない

通信がうまくいかない場合は、とりあえずCancelを押す。

ANIPOVの電源を入れ直す

手順通り行う

というのを何度かやるとか、電池を入れ直してみるとかしてみると上手く行く場合もあります。
また、USBシリアル変換ケーブルによってもうまくいかない場合があります。

リンク

ANIPOV

Home New Help Edit
2010-12-20 19:50:59 32400