Home New Help Edit

DesignSpark Mechanicalを使ってみる

2015-03-31
Suns & Moon Laboratory

Version 2015.0(2015.0.0.12155)64-bit

はじめに

123D Design使っていたのだけれど、オブジェクトのグループ化が使いにくかったので、DesignSpark Mechanicalを試してみた。

DESIGNSPARK MECHANICAL ここからダウンロード

ちなみに、まだ使い始めたばかりで右も左もわからないので、忘れないためのメモです。
もっと良いやり方あったら教えてほしい。

おすすめ

Online Help - クイックリファレンスカード★必見
Online Help - キーボードショートカット

Online Help - プレーンの挿入 ★重要。だけどまだ理解出来ていない...
Online Help - スケッチ面 ★重要。プレーンの挿入と似ている。スケッチグリッド

Tutorial 3. DesignSpark Mechanicalでダイレクトモデリングのファーストステップ 良いところついてるが、説明が簡素過ぎて操作方法が分からない。

モード

モードを切り替えつつデザインをする。

デザイン→モード→スケッチ | 断面 | 3D

このモードで、見え方やオブジェクトに対する操作変わるので要注意。

デザイン→スケッチは、スケッチモードになる。

スケッチグリッド

スケッチは、スケッチグリッドに描くのだけれど、このグリッドの出し方。

デザイン→選択 を使って面を選択

デザイン→挿入→原点 を押すと、原点が面の中心に挿入される。

原点の矢印Xと矢印Yを選択(※実際に作成したい平面の矢印)

デザイン→モード→スケッチ でスケッチモードを開始すると、選択した原点にスケッチグリッドが作成される。

長さを測る

長さを測る機能があるのだけれど、その長さは、Planeに表示される。
なので、最初にPlaneを作成する。(自動でも作成されるけれど、期待通りの平面ではない場合がある)

デザイン→選択 を使って面を選択

デザイン→挿入→プレーン でプレーンを挿入(選択した面に作成される)

ストラクチャービューで、作成したプレーンを右クリックして「アクティブ化」を選択

デザイン→調査→寸法 選択

1辺を選択

もう1辺を選択すると、数字が出るので、位置を適当に指定してクリック。


Home New Help Edit
2015-04-01 10:48:50 32400