Home New Help Edit

組み込みTips



ちらつかない速度

50Hz以上あれば良い。

テンポの良い点滅周期

700〜800msecくらい。(経験値)
1秒だとちょっと遅い、500msecだとちょっと速すぎる。

一瞬表示を消して、テンポ良くする

単純に切り替えると、すっきりしすぎの場合、350msec程度入れるとテンポが良くなる。

ブザーの長さ

こんな感じか?
ぴ!100msec
ぴーー!500msec

LED


愛媛大学大学院 理工学研究科 電子情報工学専攻 准教授の神野雅文氏らは, 人間の明るさの知覚特性を利用することで,LEDの明るさを2倍に見せるパル ス駆動制御手法を開発した。デューティ比5%程度で周波数 60Hz程度と周期 の速いパルス電圧をLEDに印加すると,人間の目には直流電圧を印加した場合 に比べて約2倍明るく感じられるという。被験者を使った評価実験によると, 青色LEDで1.5〜1.9倍,緑色LEDで2.0〜2.2倍,赤色LEDで1.0〜1.3倍に感じら れると報告した。「この手法を使えば,発光効率100lm/WのLEDの明るさを, 50lm/WのLEDで擬似的に実現できる」(神野氏)という。今回の成果は, 科学技術振興機構(JST)が主催する「四国地区四大学発 新技術説明会」において発表された。 目の明るさの感じ方には,二つ法則があるといわれる。一つは「Broca-Sulzer効果」と呼ばれるもの。 フラッシュのような一瞬の閃光を受けると,人間の目が実際の明るさよりも数倍明るく感じるという効果である。 しかし,この一方で一瞬の閃光を繰り返し受けると,人間の目はその繰り返し時間における平均の明るさを感じる効果もあり, こちらは「Talbot-Plateau効果」と呼ばれる。これまでは,「後者のTalbot-Plateau効果により,LEDをパルス駆動しても,人間の感じる明るさは変わらないと思われていた」(神野氏)という 神野氏によると,「Talbot-Plateau効果は,電圧周期として数百ms程度と遅い電源で駆動する水銀蛍光ランプなどを使う時代に見出された法則である」という。 そこで今回,新たに電圧周期として数百μs程度と高速の電源でLEDを駆動することを考えた。 その結果,デューティ比5%程度で周波数 60Hz程度のパルス電圧を使えば,Talbot-Plateau効果よりBroca-Sulzer効果の影響が大きくなり,人間の目で明るく感じられることを見出した。

Bartley効果

断続光(フリッカー光)の周波数が10Hz程度の場合に、断続光の絶対的強さより、明るく見える人間の視覚効果。
http://image.itmedia.co.jp/l/im/news/articles/0909/18/l_sk_nii_03.jpg

アドレス直叩き

例えばこんな風

#define LCD_IR (*(volatile short *)(IO_BASE_ADR + 0x0050)) //LCD Instruction Register

精度と確度

精度 バラツキ
確度 正しさ
確度表記について

Home New Help Edit
2012-01-29 00:16:16 32400