Home New Help Edit

SSSM-CORSA

Suns & Moon Laboratory

概要

キーが縦方向にずれている(カラムスタッガード,Column staggeed)キーボードです。
分割で、カラムスタガで、数字キーとファンクションキーとカーソルキーが欲しくて作りました。
追加オプションとして分離型キーボードを一体化するTHE BIG-PLATEを作成しました。



TRRSケーブルを短くして、ほぼ完成。


作成当初。まだTRRSケーブル長い...


分離型を一体化するTHE BIG-PLATE

分離型は良いのですが、左右の位置がずれたりすると気持ち悪いですよね?
というわけで一体化するための板を作成しました。

設計はFusion360、プラグインでEMARFへ送信。
  1. DXF取り込みして設計すると不具合がでるらしいので、ぽちぽち数値入力で作成
  2. プラグインでDogbone追加
  3. プラグインでEMARFへ送信

EMARFにて製造
EMARF

見積はこんなん。実際は送料込みで1万4千円ほど。


注文手順はこんな感じ。

見積データ送信

見積がメールで帰ってくる

メールにて注文

銀行振込で支払い


届いたところ


こんな感じ。思っていたよりかなり綺麗な仕上がり。毛羽立ちとかも特に気にするほどは無くて表面と木口のみ紙やすりをかけました。
CNCでの切削面はほとんど隠れるので、なにもしない(o゚▽゚)
現状塗装もワックスも無しで使用中








さすがCNC。ぴったり!
少し隙間多く見えるのは、割れを回避するためにわざとそう設計しています。
ここまで綺麗にできるなら、もうちょい攻めてもよかったかも。

角が丸いのは、Dogboneプラグインでフィレットがかけてあるからです。
EMARFチュートリアル 4-3-4 | フィレットとオフセット


こちらもぴったり


ケーブルガイドのところ、もう少し深くすればスマホおけるな...


end.

Home New Help Edit
2021-07-26 01:32:15 32400