Home New Help Edit

Adventurer3造形設定追い込み3(Natural)

Suns & Moon Laboratory

Naturarlフィラメント設定

2019-04-13
フィラメントをNaturalにしたので、再び造形設定見直し

シリコン有り Adventurer3油壺


Hyper

どうしてもStandardだとキーキャップの軸穴が歪んで塞がってしまうので、Hyperにしてみた。
ラフトのゴミをちょっと削るだけで軸穴に入る。
天井の造形はStandardの方が綺麗。Hyperは垂れる。
なんかラフト剥がしづらいので色々いじった。Raftはこれが良いかどうかは分からん。もう試すの面倒になってきた...

Adventurer3 PLA Hyperをベースに



上がHyper、下がStandard

Standard

Adventurer3 PLA Standardをベースに
Retractionは以前の実験結果を鵜呑みにして設定
Raft無いとどうも失敗したので設定。
Extrusion Ratioは、造形表面に余ったフィラメント浮いてる感じがしたので減らした。

キーキャッププリントすると、どうしても軸穴に軸がささらない。
見てみると、3レイヤーくらいが太って穴を塞ぐ形になっている。
紙やすり220番で32回程度やすれば入る。

オーバーハング


オーバーハングテスト
データはこれ
3d Printer Overhang test
10,45,50,60,75,80,85
左がHyper、右がStandard
どちらも85度までなんとか出ている。
角度HyperStandard
10○良○良
45○良○良
50○良○良
60○わずか垂れ○少し垂れ
75△少し垂れ△垂れぎり許容、表にも影響
80×少し垂れ×糸垂れ、表にも影響
85×糸模様、表にも影響×糸垂れ多い、表にも影響
このモデルだとハイパーの方が良いが、キーキャップだとスタンダードの方が垂れない。


関連

FLASHFORGE ADVENTURER3メモ
Adventurer3造形設定追い込み(White)
Adventurer3造形設定追い込み2(Whiteずれ)
Adventurer3油壺

Home New Help Edit
2019-04-16 11:25:41 32400